無理なく痩せた糖質制限ダイエット

私は糖質制限ダイエットを1年以上続けています。

なぜ糖質制限ダイエットをしようと思ったのかというと、ぽっこりお腹が気になったのと無理をせずに痩せれると思ったからです。

また、テレビで腹筋バッキバキに割れている人の食生活が糖質制限されているものであり、夜は絶対に糖質(炭水化物)を摂らないという食生活でした。

その人の自論で、寝るだけの夜に太りやすい炭水化物を食べる意味がわからないと言っていて大きく共感し他ので始めました。

結果から言いますと成功したと思っています。

体重は1年前より10キロ落とすことに成功しました。

目標を設定していた訳ではないのですが、10キロ落ちていたのには驚きました。

私のやり方としては、米や麺といった炭水化物の代わりに豆腐や糖質0麺を代用して糖質制限を行いました。

さらに、芋系も糖質が高いとのことで食べるとしても量は少なくしていました。

始めた段階では夜のみ糖質を抑えて体に無理が掛からないようにすることを意識してました。

なぜなら、いきなり糖質を遮断すると頭がぼーっとしたり、体がダル重い感じになるとインターネットで調べて調査済みだったからです。

慣れてくれば夜だけ減らしていたのも昼や朝も制限しました。

というよりかは糖質を制限した食事が癖になっていたという方が感覚としては大きいです。

私の見解ですが糖質制限ダイエットは、お金がかかるダイエットだと思っています。

食べるのが野菜、肉、魚が中心になってきます。

野菜は価格の高騰がニュースになったりするのでお金がかかると思っています。

なので豆腐が安く購入できるのは助かります。

意外と豆腐1丁食べるとお腹6・7割くらいきます。

2丁食べるものなら満腹に私はなっていました。

また、味のない豆腐をどう美味しく食べるかを考えるのが楽しくなっていったのが糖質制限ダイエットを続けられた要因の1つだと思います。

私がよくやっていたのは、シラスを豆腐の上に乗っけて、塩を少々とごま油をかけて食べることが多かったです。

他には、ふりかけをかけて食べていました。

豆腐をご飯と思い込んだ食べ方です。

糖質ダイエットに興味を持っている方、ダイエットしたいけど何をすればいいかわからない方は試してみてはいかがでしょうか。

炭水化物を食べている段階で野菜、肉、魚などをバランスよく食べれていると思っている方がやっていただいた方が体を壊したりなくて済むとも思います。

ダイエットは短期で体重を大きく落とせば体が何かしらの危険信号が出ます。

糖質制限ダイエットのように無理なく長期的に体重を落として行くことを考えて見てはいかがでしょうか

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP