炭酸水ダイエットは癖になる

三年ほど前に炭酸水ダイエットが流行りました。

これは食前に飲むか、食べながら飲むかで胃の活動を調整することがダイエットにつながるとのことでしたが。

夫がお酒を割るのに使うようになって、我が家に炭酸水が常備されるようになってから、試しに飲むようになりました。

最安値で一本70円程度と手ごろで、冷たくしても常温でも美味しくて、他のおやつを食べるならその代わりに飲むことが増えて、カロリーがセーブされたのか、ひと月で1キロ程度減量しました。

それ以来、どこにいくにも炭酸水のボトルを持参し、友人とお茶やランチをする時以外は、お腹が空いたら炭酸水を飲むようになりました。

三ヶ月で2キロ減量しました。

そのころには寒くなったのでお腹を冷やさないようにと暫く休んで他のダイエット法に変えてみましたが、また春になるころに再開して、というサイクルを繰り返しています。

炭酸水、癖になります。
飽きません。

家では食事の時には、レモンやライムを絞ったりして楽しんでいます。

お酒が無くても、甘いドリンクでなくても満足するので、長い間にはじわじわウェイトコントロールできるようになります。

最近では炭酸水ももともと柑橘系のフレーバーのついたものがあったり、強炭酸のものがあったりして、選ぶのも楽しいです。

また、国産やヨーロッパ系など、お水の味も様々です。

常に2~3種類揃えておけばこれもまたビールなどのように変化を楽しんでいます。

そういえば、お酒も他のドリンクも買わなくなったので、節約にも効果がありますね。

いろいろ嬉しいダイエットです。

食べ順ダイエットはやはり!

もう世の中に浸透していますが、やはり一番効くのは食べ順ダイエットだと思います。

野菜、スープなどから食べ始めて、その後お肉、炭水化物を食べると、食べる量が少なくて済みますし、最後の炭水化物にさしかかるころには、お腹がいっぱいであまり食べることが出来ないのです!!

炭水化物を一番に食べてしまうと、血糖値もいきなり急上昇してしまうので、健康にもよくないとわかりながら、ついついどか食いしてしまいます、、。

特にお腹が空いていると早食いになってしまい一気に食べたあと後悔してしまいます、、。

なので、ゆっくり野菜からよくかんで時間をかけて食べるのが自然に健康的にやせるコツだと思いました。

食事を抜くと、体重は落ちますが、筋肉も落ちて、しかもリバウンドしました、、。

次に食べたときに体がすべて蓄えてしまうんでしょうね。

そこにさらに、無理のない運動や筋トレをミックスすると自然にスルスルとやせていきました。

小腹がすいたら、ナッツやドライフルーツを食べました。

血糖値を急激に下げないように、ゆるやかに。

でも、あまり我慢もよくないので、食べたい時はアイスやケーキなども食べています。

そのあとには運動で相殺しよう、という気持ちで筋肉をつけながら無理なく続けられるダイエットだと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP